顎関節症・噛み合わせの検査

噛み合わせや顎関節症で悩んでいる方へ

顎関節症は様々な症状が生じるため、完治するのが難しいと思われがちな病気です。適切な治療を行うためにもあなたのお口の中の状態をきちんと的確に調べる必要があります。
噛み合わせや顎関節症が治らないと諦めずにまずは適切な検査を受けることをおすすめします

1.相談/問診・触診・口腔内検査

あなたの感じている症状や不満、要望などをお聞きします。また、例えば・・・いつ頃から痛みを生じるようなったか?今まで治療を行ったことがあるか?今病院へかかっているか?など問診を行います。
より症状の存在する部位や程度を判定するために、咀嚼筋・顎顔面・頭頸部の各部を触診します。

お口の中の状態を調べます。肉眼では見えなかったものが見えるマイクロスコープを使った検査も行われます。マイクロスコープは歯科医院ではあまりないのが現状です。しかし、顎関節症や噛み合わせ治療を行っている大阪の歯科「山林歯科医院」では、このマイクロスコープを設置しているため、裸眼では見えにくかった口腔内の問題点を正確に判断します。

2.フェイスボウ(顎機能診断)

フェイスボウトランスファーとは、頭の骨に対する上あごの位置を正確に咬合器(患者様の顎の動きを再現するための装置です)につけるために行います。 これを行って、噛み合わせや顎の動きを再現し、診断します。

フェイスボウの目的
  • ボンウィル三角の再現
  • バルクウィル角の再現
  • 蝶番開閉口運動軸の再現
  • 下顎運動の開閉口路の再現
  • 下顎運動の再現性の向上
  • 補綴物における早期接触の予防
  • アンテリアガイダンスの設定基準
  • 歯軸と被蓋の設定基準

3.パノラマ検査・CT検査

歯および歯周組織、骨の中の異常などを知ることが出来るパノラマ検査や、見えなかったものが見えるようになり、わからないものがわかるようになるCT検査をします。CT検査は三次元の立体画像でのレベルに変わるので、より多くの情報が得られます。
これにより従来の一般的に一般の歯科医院ではわからなかった顎の関節の変形やズレを正確に診断出来ます。



4.患者の要望と必要に応じて各治療へ進みます

患者さんの咬合模型(噛み合わせ模型)とコンピューターを使って、現在の患者さんの症状や原因を説明させて頂きます。患者さんにあった治療方針やご提案を丁寧にさせて頂きます。


顎関節症・噛み合わせの治療

適切な顎関節症や噛み合わせの検査を行うことであなたに合った治療方法を行います。
様々な原因によって生じる顎関節症や噛み合わせの悪さは、日々の生活に支障が出ることが多いので、薬物療法で痛みを和らげる場合もあります。また、手術を行うような場合もあれば、手術を行わず咬合調整のような簡単な治療で治る場合もあります。

補綴治療の場合

何らかの原因で歯がない状態や歯が欠けた状態ので顎関節症や噛み合わせの悪さが生じている場合は、インプラント治療セラミック治療、入れ歯治療などの治療を行う場合があります。

矯正歯科治療

歯並びの異常や不正咬合等によって顎関節症や噛み合わせの悪さが伴っている場合は矯正歯科治療を行う場合があります。

咬合調整治療

噛み合わせのバランスが悪くて、一部の歯に必要以上の負担がかかってしまっている時に、歯を少し削る事により噛み合わせを調整する場合があります。

顎関節症・噛み合わせ治療の歯科医院

顎関節症・噛み合わせなどお口に関する些細なことでも構いません
顎関節症・噛み合わせ治療なら 大阪 東大阪の山林歯科医院

顎関節症と噛み合わせ治療なら大阪 東大阪「山林歯科医院」

入れ歯だから、歯がないからしっかり噛めない諦めてませんか?ちょっとした噛み合わせが悪いと顎関節症になるイライラ、頭痛、肩こり、腰痛などのコリや痛みなどの他、自律神経失調症やホルモンバランスによる生理不順など生じる場合があります。
大阪 東大阪の歯科「山林歯科医院」は大学病院並みの最新の設備を設置し、信頼と実績のある歯科医院です。口腔内のトラブルを診断・治療し、体の機能を回復することによって、患者様が毎日健康で明るく生活して頂けるお手伝いを致します。

〒579-8053 大阪府東大阪市四条町1-4-フォーチュンコートクリニックビル3階
TEL 072-981-8108 FAX 072-981-7581(休診:水・土午後 日曜日 祝日)